calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

【偉人の格言】





【名言】









勝負をもって人物を評することなかれ。

0
    人間は、負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある。 だから、たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。 勝負をもって人物を評することなかれ。


    苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう

    0
      苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。 不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。 泣きたいこともあるだろう。 ……これをじっとがまんしていくのが男の修行だ。 山本五十六


      事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない

      0
        事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない 勝海舟


        幸福の便りというものは、待っている時には、決してこないものだ。

        0
          幸福の便りというものは、待っている時には、決してこないものだ。 太宰治


          面倒くさいと思った瞬間に幸運は逃げてしまう

          0
            面倒くさいと思った瞬間に幸運は逃げてしまう
            by藤巻幸夫

            どんな職場にはヒントとチャンスが隠れている。
            藤巻氏はそんな細かい箇所を決して逃さず、全力で取り組んだ結果、お客さんに「もう一度来るわね」という笑顔と言葉をもらえたという。

            奥深くに隠されたヒントやチャンスを掘り起こすには道具が必要。
            その道具こそが「手間」なのである。
            任せられた仕事を面倒がらずに真剣に向かい合い、手間をかける事。
            そんな地味な作業が物事の本質をしり、幸運をつかむことにつなげれるのではないだろうか。


            こけたら立ちなはれ

            0
              こけたら立ちなはれ
              by松下幸之助

              経営の神様と呼ばれた松下幸之助。
              しかし、彼の人生は決して順風満帆だったわけではない。

              創業直後、改良ソケットを作ったものの、売れゆきは散々で、事業が悪化して社員は去っていき、時には妻とその弟の3名で行っていたりも...。
              戦後派GHQに制限会社にされ、公職追放になってしまう。
              デフレ経済で苦境に至り、向上の操作時間短縮、賃金カットを断行...その結果がマスコミによる「物品税の滞納王」と報道。

              果たしてこれが「経営の神様」なんでしょうか?


              そういう数々の困難を乗り越えてきた松下幸之助。
              そんな松下幸之助のほかの言葉にも「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたらそれは成功になる」「人は何度やりそこなっても、もういっぺんの勇気を失わなければ必ず物になる」などのチャレンジし続ける言葉が多い。

              「こけたら立ちなはれ」

              それが全てを総称しているように思います。
              松下幸之助の言葉を見る度に聞くたびに、チャレンジ精神と努力が大事なのだと、言い聞かせる気持ちになります。


              ■今月のPUSHNEW
              オススメを変えました。これ結構よかったです。
              人を動かす「言葉力」―プレジデント名言録「200」選


              成功は成功の母なのです

              0
                成功は成功の母なのです
                by辻晴雄

                失敗は成功の母であるとはよく言うが、成功は成功の母。
                よくよく考えてみればなるほどと思う。

                どちらも一緒で、失敗して、反省してそこから学ばなければ結局失敗したまんま。
                成功して、そこで満足してしまったらそのまんま。
                どちらも「気づき」があれば結局成長へ繋がるのである。

                しかし、やっぱり成功までの過程で「失敗」と呼べるものは少ないほうがいいであろう。
                ターニングポイントなどと呼ばれるものはたくさんあって良くて、そして悪い道を選んでいても結局良い道にまたつなげれたら結果オーライなのである。

                シャープの3代目社長、辻晴雄氏の成功の一つは「液晶」。液晶を開発できて売り上げも伸ばせたが、結局液晶はその後あらゆる分野で取り入れられている。軸になるものがしっかりしているという意味でも彼の成功と発言は軽くないであろう。




                ■今月のPUSH
                ↓具体的な名言・格言というわけじゃないですがこれいいですよ。
                社長の手帳 佐藤 満氏著

                ■自分メモ
                最近、幼少期に熱中した恐竜ブームが再到来。
                恐竜の本。近々買いたい。


                努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

                0
                  努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る
                  by井上靖

                  努力する人は「頑張っている人」
                  怠ける人は「やらされている人」

                  どうせやるなら前者でありたいね。


                  似たような事で、最近思うのが「こいつ馬鹿やな」というような発言。

                  人のあらというのはいくらでも探せる。だから自分主観でこのような発言に至ることがしばしばあるだろう。
                  人の批判は誰にでもできる。

                  しかし、「この人めっちゃ頭いいで」という逆の発言。
                  ”その人が頭がいいこと”そして”頭がいいという理由があること”が発言の根源にある。
                  自分の価値観をもとに、単純に比較するだけなら「すごいなー」とかその程度で終わってしまうかと思う。

                  しかし「この人頭いいな」とまで思うのは、無意識のうちに頭がいいと思える事に気づき、感動し、相手を認めての発想・発言だと思う。

                  相手を馬鹿にして自分が優越感に浸る事も時には大事かもしれないが、何よりも相手を尊重することが大事。


                  ■今月のPUSH
                  ↓具体的な名言・格言というわけじゃないですがこれいいですよ。
                  社長の手帳 佐藤 満氏著

                  ■自分メモ
                  最近、幼少期に熱中した恐竜ブームが再到来。
                  恐竜の本。近々買いたい。


                  挫折が人を成長させます

                  0
                    挫折が人を成長させます
                    by大宮久

                    宝酒造の社長、大宮氏の言葉です。
                    大宮氏は子供の頃から性格が変わっていないとも言え、小学校5年生のときに、水泳ようやく10m程度を泳げるなった
                    その「ようやく」なのに、なんと遠泳の選手に立候補をした。
                    「自分はすでに10m泳げるようになっている。だからもう少しの頑張りで11mも泳げるはず。11m泳げるなら12mだって大丈夫。
                    遠泳と言ってもその延長上なんだから自分が選手に立候補してもいいのだ


                    と。

                    結果は沈んだりしながらもなんとか2000mの全工程を見事に泳ぎきったという。

                    他人にできることなら自分にもできるにちがいない。
                    わずかでも成果が出ていれば、その延長上にある壮大な目的だって必ずや達成できるはず。そんな頑固な思想をもっていれば、「挫折」でも「成長」に繋がるはずなのである。





                    ■今月のPUSH
                    ↓具体的な名言・格言というわけじゃないですがこれいいですよ。
                    社長の手帳 佐藤 満氏著

                    ■自分メモ
                    最近、幼少期に熱中した恐竜ブームが再到来。
                    恐竜の本。近々買いたい。


                    無理に売るな

                    0
                      無理に売るな
                      客の好むものを売るな

                      客のためになるものを売れ
                      by松下幸之助


                      この意味が分かるクリエイターや作家、ミュージシャンは多分伸びる。



                      ■今月のPUSH
                      ↓具体的な名言・格言というわけじゃないですがこれいいですよ。
                      社長の手帳 佐藤 満氏著


                      | 1/2PAGES | >>